FC2ブログ
こんにちは、KENです。

来春の採用面接が始りました。
今年はマイナビも利用したので、接点の無かった大学からも大勢の学生さんが応募
してくれました。
応募人数もかなり増えて、改めてこういったツールの威力を感じます。
その分選考も大変で、毎日最終組が帰った直後から10時前まで一人ひとり慎重かつ
徹底的に分析し評価して行きます。
学生さんもみんな一生懸命なので、出来るだけ良い所を探そうとすると、当落線上の
合否判定がとても難しくなるのです。

わたしが採用に関わるようになってから4シーズン目なのですが、就職はつくづく
縁だなとおもいます。
選考は私たち独自の基準で進めていくので、最終面接に残って行く学生さんはなんとなく
似ています。しかしその年によって求める能力が変わるのです。

例えば、何年か前に営業を強化する為に採用すると決めている所に、バリバリ経理
タイプのピカイチ学生さんが来ました。
もったいない、あんな学生さんが採用出来ればいいなと思いながら、別の学生さんを
採用した事もありました。
不採用の通知を出す時に「タイミングさえ良ければ採用なのに」と、後ろ髪引かれたのを
覚えています。

合否を決める時思い出すのは、自分の就職活動で落ちた時です。
「あんな会社第一志望じゃない!!」なんて落ち込みながらすっぱい葡萄の悪態ついて
ましたが、途中から「落ちたって、自分の全部を否定された訳じゃ無い。今の自分が
今回の募集に合わなかっただけ」と考え方を変えて、気が楽になったものです。
もちろん落ちた理由は教えて貰えないので、振返って必死に分析はしましたが...

まだまだ選考の序盤ですが、将来一緒にがんばる仲間との接点を持つのは
責任も重大です。これからも暖かく真剣に選考したいと思います。
2011.04.01 Fri l 未分類 l top ▲